★生命保険の比較ポイントをまとめてみました!★

生命保険家庭を持っている人の8割以上が加入していると言われている生命保険ですが、独身者も加入していて損はありません。ただし、生命保険はたくさんの保険会社から販売されており、保障内容も様々で迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は各商品を比較するためのポイントを紹介したいと思います。生命保険と言っても様々な種類があるため、同じ種類同士で比較しないと意味がありません。まずは、自分が加入したいのは死亡保険か、積立保険か、養老保険か、あるいは学資保険が絞ることから始めましょう。死亡保険の場合は、定期保険や終身保険かで保険料は大きく異なってきます。定期保険は安くて手軽ですが、契約満了後に再度加入しようとしても、持病などがあれば加入を拒否されるケースもあるため注意が必要です。保険料の安さで選びたい人はネット通販型のダイレクト商品がお得となっています。積立保険や学資保険を考えている人は、各社の返戻率を比較することをおすすめします。両者は保険料の払込期間を過ぎると解約返戻率が100%を超えてくるため、元本よりも高い解約金を受け取ることが可能です。ただし、毎月の保険料が安い代わりに中途解約してしまうと元本割れしてしまう商品も多いので注意して比較しましょう。他にも各社で独自色を打ち出した特約などを提供している商品も多いので、保険料だけでなく保障内容も比較していきましょう。最近は、公式サイトで簡単な見積もりができるシミュレーションできるので大体の金額を把握ることが可能です。ただし、比較する際は死亡保険金額を各社一定にすることが重要です。モデルケースで比較してしまうと年齢や保険金額に違い生じてしまうことがあります。正しい情報が得られるよう同じ条件で比較するようにしましょう。最後に、生命保険は複雑で商品も豊富なので自分で判断するのが難しいと感じたら保険ショップやFPに相談することをおすすめします。提案されたからと言って必ず加入する必要はありません。自分が知らない情報や現在の状況から最適な商品を教えてもらえるので相談するだけの価値はあります。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です