★ライフステージ別で比較する生命保険の必要な保障額と見直しの方法!!★

生命保険は結婚、出産、マイホーム購入などのライフステージごとに必要な保障額は変わっていくため、加入した後も定期的に見直しを行っていく必要があります。そこで今回は各ライフステージ別に比較して必要な見直しのポイントを紹介していきたいと思います。まず、生命保険と言っても色々な種類の商品があるため、各種商品の特徴を比較しながら自分の家庭に合わせた保険に加入することが大切です。なかでもお子さんがいる家庭は死亡保険を第一に考えたいところです。お子さんがいる家庭は他の家庭と比較しても、養育費などに相当なお金がかかってくるので、死亡保険で残された家族が路頭に迷わずに済むようしっかりと保障しておきたいです。言い換えれば、子供がいない家庭や子供が大きくなって独立した場合は、死亡保障額は少なく設定して医療保険や介護保険などに充てることがおすすめとなってきます。さらに、マイホームを購入した際に団信に加入している場合は、同じく死亡保障を見直す必要があります。これは、団信に加入した場合は、被保険者が死亡した場合はローン残高の支払いが免除されるからです。死亡保障が高いとそれだけ毎月の保険料負担も多くなるため、減額できる場合は死亡保障も適切な保険金額に設定しなおして、貯蓄などに回したほうが効果的です。死亡保障は全く不要ではなく、たとえ子供がいない共働き夫婦でも、子供がいる家庭と比較したら経済的不安は少ないですが、お葬式代など最低限の生命保険に加入しておくと、いざという時の経済的負担を抑えることができて安心です。将来設計と必要な保障額をしっかりと計算して過不足なく生命保険に加入することが重要です。

生命保険 比較はコチラ

URL:xn--nckg3oobb4958b10g0v2cxqr2f3dtfr.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です