★死亡保険を見直す際の注意点と、加入することの大切さを理解しておきましょう!★

死亡保険は、病気や不慮の事故などによる死亡または高度障害状態になった場合に、保険金によって残された家族の経済的負担を軽くすることが可能な生命保険です。死亡保険はライフイベントごとに必要な保障額も異なってくるため、その都度見直しすることが重要だといわれていますが、保険を見直しする場合に注意することもあります。それは、他社の死亡保険に変える場合は、現在加入している死亡保険の解約手続きは新しい保険に加入してから行いましょう。これは、現在加入している保険を解約した新しい保険を探す場合は、その期間が「無保険状態」となってしまい、その期間に死亡または高度障害状態になってしまうと保障されないリスクを伴うからです。また、健康告知で病気などが見つかり、新しい保険の加入を拒絶されてしまい無保険状態になるリスクもあるからです。したがって、保険を見直す際は、新規の商品の契約が成立してから、現在の保障の解約手続きを行うようにすることが重要です。死亡保険を見直すタイミングとしては、結婚、出産、マイホーム購入、子供の独立などの時期が最適だと言われています。この期間は必要な保障や保険金額も異なってくるので、過不足の無い適切な保障額に変更しましょう。一生涯のうち、保険のために支払うお金は1000万円~2000万円といわれており、マイホーム購入の2番目に高額な買い物と言われています。したがって、まずは自分の加入している死亡保険の内容をしっかりと理解して、適切な保障を受ける必要があります。そして、残された家族の不安を少しでも取り除いてあげられるよう、しっかりと備えてあげておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です